SEO For Destination Marketing Organizations

DMOのためのSEO対策 パート1

デスティネーション・マーケティング・オーガニゼーションのためのSEO対策(DMOのための検索エンジン最適化対策)はGoogleやYahooのような検索エンジンを使って、あなたのデスティネーションにより多くの観光客を呼び込むためのテクニックです。デスティネーションウェブサイトの管理者が、SEO対策を実施する際に最も重要なことはそれほど難しいことではありません。実際、基本的なことはすでにできていることでしょう。あなたがデスティネーションを売り込むためのウェブサイトを運営していて、自然あるいはオーガニック検索でトラフィックを集めることができているなら、今回の記事は、SEO対策のプロセス改善や効率化、そして検索エンジンからのトラフィック増加のヒントになるでしょう。

SEO対策を実施する際に次に必要となるのはー強力なSEO戦略を立てることです。SEO対策は、投資に対する最大の利益をもたらし、あなたのサイトにトラフィックを集める最も費用対効果が高い方法です。SEO対策をしたページは、お金をかけることなく、何年にもわたってトラフィックを呼び込み続けることができるからです。そしてこのトラフィックは、正しいSEO対策を実施することで、ロングテールキーワードの効果によって年を追うごとに増加します(ロングテールキーワードについては、今後の記事で詳しく説明します)。 ウェブサイトの検索エンジンの可能性を最大限に引き出すまでは、ソーシャルメディアや広告キャンペーンにお金をかけないでください。 あなたのサイトを構築した後、SEO対策が次のステップでなければなりません。 SEO対策の重要なステップが完了したら、ソーシャルメディアや広告などの他のチャネルを通じてトラフィックをさらに増加させることができます。

SEO対策はお金をかけることなくご自身で行うことができます。 SEO対策のためにコンサルタントや代理店を雇う必要はありません。必要なのは、ウェブサイトを検索エンジンのランキング要因である、主要ページのエレメントの編集が可能なコンテンツ管理システム上に構築することです。(もちろんTourismBuilderでは、ウェブサイト構築、またページ評価および改善方法については、SEOプラグインという形で支援いたします。その方法ついて詳細をお知りになりたい場合は、お気軽にお問い合わせください)。

さて、次に大事なのは、検索エンジンの仕組みを理解することです。 DMOのコンテンツと翻訳についてのおすすめDMO Websiteのベストプラクティスの記事でこれらの基本についてはお話させていただきましたが、ここでもう少し詳しく説明します。

SEO For Destination Marketing Organizations

SEO For Destination Marketing Organizations

Googleのような検索エンジンはアルゴリズムを使用して、訪問者が入力した特定の検索語句が訪問者にとって有用なのかどうかを計算します。 たとえば、あなたのデスティネーションが京都の場合、あなたは潜在的ビジターが「visit kyoto」のような用語を検索し、検索結果の上または近くに表示されるあなたのサイトを見つけてもらいたいと考えることでしょう。 実際の理想としては、最初の3つのリストに入りたいと思うでしょう。 最近の調査によると、トラフィックの33%がトップリストに、18%が2番目に、12%が3番目に流れることがわかりました。検索結果の1ページ目の最後に位置する10番目では、トラフィックのわずか2.4%になってしまいます。 この例で、kyoto.travel / enの公式サイトは「visit kyoto」は2番目にランクされています。悪いランクではありませんが、あくまでも1番目に表示されることが理想的です。

Googleの検索ランキングのアルゴリズムには200以上のパラメーターが使われています。その詳細は非公開ですが、デジタルマーケターが発見した重要なポイントをご紹介します。

  • 質の高いコンテンツ:旅行者が検索ワードを入力して、あなたのサイトを見つけることができ、サイトが旅行者のニーズに応えていると感てもらう必要があります。そのためには、コンテンツをしっかり書いて、明確なストーリーの提示することと、ユーザーを誘導し、クリックしてサイト内のコンテンツを読み進めていってもらうための十分な説明が必要です。
  • 他のサイトからのリンク・被リンク:あなたの組織のウェブサイトへのリンクが他のたくさんのウェブサイトで紹介されているということは、インターネット上の人気投票のようなもので、あなたの組織のウェブサイトのクオリティが高く、役立つ内容を提供しているという信頼性に対する支持者が多いということになります。ウェブサイトのコンテンツが少なすぎたり、内容が薄く面白くないならば他のサイトに紹介されることはないでしょう。
  • フォーカスキーワード:フォーカスキーワードを選定し、タイトルとテキストの最初の段落、そしてページ全体に入れ込むことが大切です。例えば、東京の秋葉原の記事を書くならば、「Akihabara Shopping」のようなフォーカスキーワードを使うことになるでしょう。フォーカスキーワードは自然に記事に入れるように注意が必要です。少なすぎても多すぎてもいけません。一つのページにキーワードを入れすぎてしまうと、Googleは悪質なマーケターが検索順位を上げようとして行う手法である、キーワードスタッフィングつまりスパム的な行為と判断して、あなたのウェブサイトはペナルティを課せられて検索順位が下がってしまいます。Googleは適切なフォーカスキーワードを見つけるためのツールを提供しています。そのツールについては今後のブログでご紹介したいと思います。TourismBuilderでもフォーカスキーワードの分析機能を実装しています。
  • コンテンツの量:各ページのコンテンツの量は少なくとも300ワード必要になります。(旅行業界の場合は2500ワードを目標に記事を書くと良いでしょう。ストーリーがきちんと展開でき、サイト訪問者の興味を惹きつけるちょうど良い記事量になります。また後ほどご紹介する最新の調査でも、Googleでトップにランクされる旅行関連のサイトの1ページの平均ワード数は2500ワードという結果が出ています。
  • スペルと文法:Googleではスペルと文法が正しいかについてもチェックしています。スペルと文法に間違いが多い場合、そのサイトの検索順位を下げてしまいます。こういったことからも翻訳したコンテンツのネイティブチェックは大変重要です。機械翻訳は絶対使わないでください!
  • 画像:画像とテキストの最適化を忘れないでください。PinterestやInstagramといった写真をベースとしたソーシャルネットワークサイトの人気上昇にともなって、多くの旅行者が旅行を計画する際に画像で検索をしています。サイトに投稿する全ての画像には、掲載するページにマッチするフォーカスキーワードをつけてください。検索エンジンは画像を認識すると、画像のタグとマッチする周辺のテキストを探そうとします。また、各画像に「altタグ」も必要です。「altタグ」という用語は、実際にはimgタグのalt属性の一般的な略語です。あなたのサイトの全ての画像のaltタグには、タグの説明を記載する必要があります。(視覚障害者用のスクリーンリーダーがこのテキストを読んで、画像にアクセスできるようにします)。画像サイズの最適化も必要です。重い画像はサイトの速度を落とし、マイナスの評価を与えます。
  • サイトの速度:DMOウェブサイトはモバイルフレンドリー化が必須!の記事でも説明しました通り、サイトが素早く読み込まれ、デスクトップとモバイル両方のユーザーにとって高速ブラウジングエクスペリエンスを提供することが非常に重要です。サイトの読み込みが遅すぎる場合は、Googleはサイトにマイナス評価を与え、検索結果で下位に表示します。サイトの速度が遅いとユーザーが不満を感じ、ユーザーエクスペリエンスが低下するため、Googleは、このようなユーザーエクスペリエンスが悪いサイトを表示したくありません。あなたのサイトが、国際的なトラフィック(クラウドホスティングが最善)の処理、CDN(コンテンツ配信ネットワーク)の利用、そしてページコーディングと画像の最適化が可能な強力なサーバーの利用が必要不可欠です。
SEO For Destination Marketing Organizations

SEO For Destination Marketing Organizations

すべてのウェブサイトに共通する上記の要因に加えて、旅行業界には独特の要因があります。 SearchMetricsの最近の報告書 “Travel Ranking Factors Data Insights for Performing on Google” によると、デスティネーションマーケティングの管理者が考慮すべきランキングの要因は以下になります。

  • 旅行業界でトップランクされているURLの記事は平均2500ワードで、すべての業界で測定された一般的な平均を57%上回っています。旅行者が求めている、詳細で質の高いコンテンツを提供することが重要です!
  • Googleで1番目の検索結果ページに表示される旅行業界のランディングページでは、200 x 200ピクセル以上の画像を他の業界のページより、38%多く使用しています。これは、旅行関連の検索における画像の重要性を示しています。
  • 旅行ウェブサイトでは、ベンチマークホワイトペーパー(2500ワード)よりも長く関連性が高いコンテンツを提供しています。
  • 同時に、旅行業界における上位URLのキーワード密度は全体の平均よりもはるかに低くなっています。これは、有益で全体的なテキストコンテンツが適切な画像の使用によってサポートされていることが、一般的なウェブサイトよりもずっと旅行ドメインにとって重要であることを明確に示しています。
  • 旅行業界のウェブサイトのリストの箇条書きの数は、他のすべての業界の平均14個に対して、平均18個(!)です。
  • Googleで1番目の検索結果ページに表示される旅行ページは、全体の平均よりも23%多い内部リンクを使用しています。内部リンクとは、サイトのあるページから別のページへのリンクのことです。通常、旅行サイトには多くのコンテンツがあるため、ユーザーをナビゲートするための内部リンクが必要です。
  • Googleで1番目の検索結果ページに表示されている旅行URLのコンテンツの関連性は、平均よりも高くなっています。これは、フォーカスキーワードのためにページタイトルとURLを最適化することの重要性を示しています。
  • 平均的に旅行業界のランディングページは、ベンチマーク調査のページよりサイズが大きめです。これは、他の業界よりも多くの画像と長いテキストを使用することを考えると当然の結果です。ページを最適化してサイズを大きすぎないようにすることは非常に重要です。そうしないと、ユーザーがページのロードに長い時間を要することになってしまいます。
  • 旅行のウェブサイトにおけるソーシャルシグナルは、すべての業界の全体平均よりもはるかに低くなっています。ほとんどのデスティネーションがソーシャルメディアに重点を置いていることを考えると驚くべきことです。しかし、このことはソーシャルメディアに重点を置く前に、質の高いコンテンツを持つ強力なウェブサイトを基盤とすることの重要性を示しています。ソーシャルメディアは、検索の二次チャネルとしてトラフィックをウェブサイトに集めるための手段であるべきです。

デスティネーション・マーケティング・オーガニゼーションのためのSEO対策の詳細、またはTourismBuilder のSEOプラグインがどのように役立つかのデモをご覧になるには、こちらにお問い合わせください。喜んでより多くの情報をシェアし、あなたのデスティネーション独自のニーズに合った戦略を立てるためのお手伝いをさせていただきます。

次回は、このシリーズのパート2 – SEO対策のためのページ要素でデスティネーション・マーケティング・オーガニゼーションのためのSEO対策についてさらに踏み込んだ内容をお届けします。

This post is also available in: enEnglish (英語)

コメントを残す