DMOのコンテンツと翻訳についてのおすすめ

DMOクライアントにとって最大の課題の一つとして良質なコンテンツを作成し、管理して翻訳することがあげられます。コンテンツにはテキスト、写真、地図やイラストといった画像、ダウンロード用のPDF、サイトに埋め込む動画など様々な形式がありますが、今回はテキストについてお話していきます。

SEOで成果を出すために一番大切なのは、DMOウェブサイト上に良質な原稿を掲載することです。そうすることで、ソーシャルメディアでのエンゲージメントや他のウェブサイトからの紹介、またサイト訪問者の滞在時間が長くなりコンバージョンにつながっていくからです。では注目すべき点について順に見ていきましょう。

SEO

Googleのような検索エンジンでは、ある特定の検索ワードを使って情報を検索するサイト訪問者にとってあなたのウェブサイトが役に立つのか?ということをアルゴリズムを使って計算しています。例えば、推進したいデスティネーションが京都だとしたら、あなたは潜在的ビジターが「visit kyoto」といったワードで検索して、検索結果の上位あるいはその付近に表示されるあなたのサイトを見つけてもらいたいと考えることでしょう。Googleの検索ランキングのアルゴリズムには200以上のパラメーターが使われています。その詳細は非公開ですが、デジタルマーケターが発見した重要なポイントをご紹介します。

  • 他のサイトからのリンク・被リンク:あなたの組織のウェブサイトへのリンクが他のたくさんのウェブサイトで紹介されているということは、インターネット上の人気投票のようなもので、あなたの組織のウェブサイトのクオリティが高く、役立つ内容を提供しているという信頼性に対する支持者が多いということになります。ウェブサイトのコンテンツが少なすぎたり、内容が薄く面白くないならば他のサイトに紹介されることはないでしょう。
  • フォーカスキーワード:フォーカスキーワードを選定し、タイトルとテキストの最初の段落、そしてページ全体に入れ込むことが大切です。例えば、東京の秋葉原の記事を書くならば、「Akihabara Shopping」のようなフォーカスキーワードを使うことになるでしょう。フォーカスキーワードは自然に記事に入れるように注意が必要です。少なすぎても多すぎてもいけません。一つのページにキーワードを入れすぎてしまうと、Googleは悪質なマーケターが検索順位を上げようとして行う手法である、キーワードスタッフィングつまりスパム的な行為と判断して、あなたのウェブサイトはペナルティを課せられて検索順位が下がってしまいます。Googleは適切なフォーカスキーワードを見つけるためのツールを提供しています。そのツールについては今後のブログでご紹介したいと思います。TourismBuilderでもフォーカスキーワードの分析機能を実装しています。
  • コンテンツの量:各ページのコンテンツの量は少なくとも300ワード必要になります。旅行プランや観光アトラクションを詳細に書く場合は2000ワードを目標に記事を書くと良いでしょう。ストーリーがきちんと展開でき、それほど時間をかけないで読むことができるのでサイト訪問者の興味を惹きつけるちょうど良い記事量になります。2000ワード以上になると、最後まで読まれることがなく離脱が多くなってしまいます。
  • スペルと文法:Googleではスペルと文法が正しいかについてもチェックしています。スペルと文法に間違いが多い場合、そのサイトの検索順位を下げてしまいます。こういったことからも翻訳したコンテンツのネイティブチェックは大変重要です。機械翻訳は絶対使わないでください!

ソーシャルメディア

多くのDMOでほとんど理解されていないソーシャルメディアについての重要なポイントは、ソーシャルメディアをウェブサイトへのアクセスを増やすためののチャネルとして利用するということです。他のサイトや検索エンジンからのアクセスと考え方は同じです。プロモーションやキャンペーンなどのコンテンツはソーシャルメディアのみに投稿した方が効果的な場合もありますが、その他の場合はウェブサイトとほぼ同じコンテンツになることがほとんどだと思います。ならばまとめて管理するのが一番効率が良いでしょう。ウェブサイトのコンテンツとほとんど同じ内容のコンテンツを改めてソーシャルメディア向けに作成するよりも、まずウェブサイト用にコンテンツを作成して、ソーシャルメディアのシェアプラグインを使って、ソーシャルメディアにリンクを張ってサイトへのアクセスを促す方がより効率的です。(TourismBuilderにはこういった機能が実装されています。)そうすることで、ウェブサイトのダッシュボード一か所でコンテンツを管理できることに加えて、コンテンツのリンクがシェアされてウェブサイトへのトラフィックが確保できるようになります。そうしてソーシャルメディアからウェブサイトへの訪問に結びつけることができるのです。ソーシャルメディアへの投稿には常にリンクを張ってウェブサイトへの訪問につなげましょう!Facebookにはもともとたくさんのトラフィックがありますので、あなたのサイトへのトラフィックも増加するでしょう!

ソーシャルメディアにコンテンツを投稿する目的は、あなたのウェブサイトへの訪問者を呼び込み、実際にデスティネーションに来てもらうということにあります。そのためには、面白くて、役に立ち、魅力のあるコンテンツを投稿することが重要になります。ソーシャルメディアにシェアするコンテンツは「いいね」ボタンを押してもらいやシェアをしてもらうといったソーシャルメディアエンゲージメントのために良質なコンテンツである必要があります。

被リンク

検索エンジンとソーシャルメディアからのトラフィックと同じように、他のサイトがあなたのウェブサイトのリンクを紹介してくれることでアクセスを増やすことができます。旅行ブログ、レビューサイトやローカルビジネスのサイトなど、リンクを張ってもらえそうなところに依頼をするのは良い方法です。そうすることでアクセスを増やすことができ、検索順位の向上にもつながるからです。しかしコンテンツの内容が良くないと、他のサイトがリンクを張ってくれる可能性は低くなります。さらに悪いことにコンテンツの質が高いものと言い難い場合、レビューサイトからネガティブなコメントでリンクされてしまうといった事態も考えられます。

コンバージョン

先述したとおり、あなたのウェブサイトの第一の目的はウェブサイトの訪問者がデスティネーションを実際に訪れてくれることです。この目的が達成できなければそのウェブサイトはミッションを果たしていない!ということになります。コンバージョンの目標を達成できているDMOウェブサイトは、構成が良く上手く構築されているので、サイト訪問者は探している情報を見つけることができます。クオリティの高い情報を提供することで、サイト訪問者はサイトを信頼し、離脱をしません。そして実際の旅行の計画を他のサイトに移って立てていくのです。そのためには旅行会社へのリンクやコンタクトフォームを明確にわかる形で展開して、必要な情報を得てもらいます。あなたのサイトを訪問し、実際にデスティネーションに訪れる動機づけができ、旅行を計画するにあたり必要な情報をすべて得ることができること。こういったリンクはコンバージョンポイントとして、サイト訪問者がどのようにクリックしたのかを追跡してサイトのKPI(Key Performance Indicator: 重要業績評価指標)を追うためのデータの1つとなります。KPIの設定と追跡の方法については、今後のブログで取り上げてまいりますが、まず覚えておいていただきたいのは、コンテンツを執筆する際にコンバージョンの目標を常に頭においておくということです。

翻訳の管理

最後になりますが、海外からの観光客の誘致を目指しているDMOのコンテンツ管理で一番重要なのは、翻訳の管理になるのではないでしょうか?クオリティの高いコンテンツを一生懸命作成しても、ターゲット言語への翻訳のクオリティが低いとその努力は水の泡になってしまいます。ここでもう一度声を大にして申し上げます。機械翻訳は絶対に使わないでください!機械翻訳では十分なクオリティを維持することが不可能なのです。コンテンツの内容を正確に訳すことができたとしても(残念ながら現時点では実現できていませんが。)直訳ではあなたのDMOのストーリーを表現することができません。必要なのは、コンテンツを直訳することではなく、それぞれの言語へのローカライゼーションなのです。つまり文化的背景を考慮に入れたニュアンスや語感など、その言語のネイティブスピーカーが違和感なく理解できるようにする必要があります。このようなことは経験豊富な翻訳者やコピーライターだからこそできることなのです。

ほとんどのDMOが直面する問題として、ターゲットとする観光客の言語に翻訳することができるネイティブスピーカーのスタッフがいないということがあります。この問題を解決するために私たちが提供する一番効率的で、TourismBuilderの基幹とも言える方法とは、オンラインのクラウドソーシング翻訳サービスを利用することです。クラウドソーシング翻訳サービスではインターネットを利用して世界中の翻訳者とオンラインのダッシュボード一つで仕事のやりとりをしています。翻訳者は自宅で仕事をすることができるので、諸経費の支出が少なく、既存の翻訳サービスよりも低い価格で仕事を依頼することができます。さらに、オンラインダッシュボードやAPI、その他のツールを使うことで、翻訳の管理を効率化でき、時間と費用の節約ができます。TourismBuilderは翻訳を管理するためのダッシュボードを実装しておりますので、オンライン翻訳サービス各社のAPI経由でサービスをご利用いただけます。

優良な翻訳サービスの一例として、東京を拠点とするGengo.comがあります。 https://gengo.com/ja. Gengo.comでは一文字あたりで料金を設定しているため、APIを利用すれば、費用効率はより高いものとなります。既存の翻訳サービスは一文字あたり20円のところGengo.comでは一文字あたり4円から依頼をすることができます。その他お薦めできるサービスは以下になります:

https://www.icanlocalize.com/site/

https://www.onehourtranslation.com/

http://translations.com/

https://www.cloudwords.com/

また、Upwork.comのようなクラウドソーシングサイトでコピーライティングやコンテンツ作成をフリーランサーに依頼するという方法もあります。

コンテンツはDMOのデジタルマーケティング戦略の要です。私たちが強くお薦めしているのは、強力な戦略を整え、必要な予算を調達し、多言語のコンテンツには常にネイティブの翻訳者やコピーライターを使うことです!今後のブログでは、写真やビデオといった他のタイプのコンテンツ管理についてもどんどんご紹介してまいります。今回ご紹介した内容やその他の戦略についてのご質問、また、あなたのデスティネーションでインバウンド観光マーケティングセミナーなどの開催を希望される場合はどうぞご遠慮なくお問い合わせください。

This post is also available in: enEnglish (英語)

コメントを残す